梅香亭 和菓子屋

6月、梅雨の季節がやって参りました。
雨をモチーフにした御菓子をぜひご覧ください。

季節の御菓子 全ての御菓子一覧はこちら

梅香亭の歴史 こだわり

昭和三十三年 創業

和菓子の老舗「梅花亭(中野新橋)」で修行した私(長沼光夫 写真中央)は、のれん分けから「梅香亭」を名乗り、昭和三十三年二月に念願の店を創業しました。

梅香亭という屋号にちなみ、店の角には「思いのまま」という品種の梅を植えてあります。「思いのままに花開く」、そんな店になるよう、日々お菓子と向き合い、気がつけば半世紀という時間が経ちました。

技術を後世に伝えていくのは容易なことではありません。しかし、幸いにも私どもの店では、息子の哲也が二代目となり、その伝統を引き継ぎ商売をさせて頂いています。

愉しめる和菓子を目指して

伝承のみならず、昨今では食材の信用やアレルギーなども大きな問題となっています。私どもでは個人商店という小回りを活かし、安心して美味しく頂けるものを、全国より厳選して使用しています。

夢を愉しむという考えから、「愉夢(たのしむ)」 という創作和菓子も提供させて頂いています。「伝統を守りながらも豊かな発想で膨らむ『夢』」。これが私達の基本理念となっています。 一度、ご賞味ください。

店舗情報

創業昭和33年2月

03-3955-5932

営業時間: 9:00 ~ 18:00
定休日: 原則・水曜日

〒173-0027 東京都板橋区南町16-5

国際工業バス 池袋西口発 「高松郵便局前」 徒歩一分

東京メトロ 有楽町線/副都心線 「要町」3番出口 徒歩八分